にきび予防として、洗顔で皮脂や汚れを落とすのは大切なことです。ですが、にきびを防ごうとして、過剰な洗顔回数になっていたら改めたほうがいいでしょう。肌の皮脂量が多いと感じている人は、皮脂を洗い落とそうとして、つい洗いすぎてしまうケースが少なくはありません。皮脂の多さが気になるとか、オイリー肌であるからといって、配合成分が強力な洗顔料でゴシゴシと洗うことがあるならば、それは控えたほうがいいです。

肌をゴシゴシと洗うことは、肌への摩擦になり大きな負担となります。しかも肌に必要な水分までも落とすことになります。洗顔を必要以上にしていると、それこそがにきびの原因になってしまいます。洗顔は大事ですが、それが過剰になると、肌の保湿成分も落とすことになります。

にきびの原因は過剰な皮脂ですから、保湿成分がなくなることで乾燥は激しくなります。肌質が乾燥肌であれば、吹き出物は出にくいというのも勘違いです。肌が乾燥すればするほど、毛穴は詰まりやすくなります。また、皮脂の過剰分泌が引き起こり、こうしてにきびは出来やすくなります。

肌の乾燥は侮れないもので、肌サイクルが正常に行われないために、皮膚には古い角質が残ります。古い不要な角質は毛穴を詰まらせるため、アクネ菌や皮脂の住処となります。乾燥をした肌は、これ以上乾燥させないよう、皮脂分泌を過剰にして毛穴を詰まらせます。ですから予防として、洗顔はしすぎないことも大切です。