にきびは、スキンケアだけではなく、食生活の偏りにも影響をうけます。毛穴から皮脂が過剰分泌されることで、アクネ菌が繁殖することによりできます。皮脂というものは、普段の食事の中で吸収された余分な脂分が体外に排出することで出てくるものなので、食生活の中で取り入れている食品によって、過剰分泌を引き起こす原因となります。食生活を改善することは、にきび予防につながります。

にきびができやすい人は、脂分や乳製品を大目に摂っている人なので、その食生活を改善することによって、体質も改善することができます。にきびを予防するために良い栄養素として、まず、にんにくなどに含まれているビタミンB群には、新陳代謝を整えて、脂質の過剰分泌を防ぐ効果があります。次に、ほうれん草などの食品に含まれるビタミンAには、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを活性化させる作用があります。ターンオーバーが正常に行われることで、角栓が発生しにくくなります。

ビタミンAにはほかの肌トラブルにも効果があるため、肌にとってとても有効な栄養素です。ビタミンCには、皮脂の過剰分泌を抑制する機能のほかにも、できてしまった場合でも炎症を起こすことを防いでくれたり、跡ができてしまった場合にも治してくれる効果があります。また、美白効果もあるため、美容にも良い栄養素です。ナッツ類などに含まれるビタミンEには、ホルモンバランスの乱れを防いでくれる効果があります。

男性ホルモンが過剰になることで、角質層の柔軟性が失われ、角栓による毛穴の詰まりが起こりやすくなるため、ビタミンEには女性ホルモンの増加を促し、にきびができにくいホルモンバランスにすることができます。栄養素は、サプリメントから摂っても効果はありますが、普段のバランスの良い食生活も予防に十分つながるので、偏りのない食生活を心がけることが大事です。