にきびを予防するのにたいへん効果的な方法は、正しい洗顔と十分な保湿です。クレンジングや洗顔、また保湿を含むスキンケアは、毎日必ず行なうものです。そのため毎日正しい方法でケアするならば、必ず肌の状態は改善されていくことでしょう。洗顔する前にまず行なうべきこととして、手をきれいに洗うことがどうしても必要です。

私たちの手は意外に汚れているものです。手をきれいに洗ったなら、次のポイントは正しいクレンジングです。その際、乾いたティッシュなどで化粧を落とそうとすると、大事な肌を傷めてしまうため気をつけましょう。必ず、保湿ティッシュやコットンなどに水を含ませて拭き取るようにしましょう。

こうしてクレンジングを行なった後は、水かぬるま湯で洗い流します。この時に、熱いお湯を使うことがないよう注意しましょう。さらに洗顔料を使って洗顔しますが、この時も水の温度には十分注意しましょう。熱いお湯を使って洗うと、肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

その結果、肌の乾燥を招き、皮膚から出た脂によってにきびができやすい状態になります。洗顔の後には、柔らかく清潔なタオルで、やさしく水気を拭き取るのも大事なポイントです。決して強くこすったりしないようにしましょう。さらに、正しく洗顔した後の肌には十分の保湿が必要です。

にきびを予防するためには、この保湿は欠かせません。化粧水やジェル、またはクリームなどを使って十分に保湿しましょう。