スキンケアの中でにきびを予防するには、過剰な皮脂を取り去って、毛穴を詰まらせないことが重要となります。メイクをしている場合には、しっかりと汚れを落とすことが大切ですが、毛穴の詰まりやニキビが気になるといったときには、オイルクレンジングには注意が必要となります。皮脂が過剰分泌されているところに油分をつけることで、できやすくなると同時に、すでにできている場合は悪化させる場合があります。そういった場合には、オイルの少ないクレンジングを使うことを心がけることが大切です。

さらに洗顔の際には、しすぎてしまった場合には、逆効果となる場合があります。もともと皮脂は肌を守るために出るものなので、すべてを取り去ってしまうと、それを補うためにさらに皮脂の分泌を促してしまう結果になってしまいます。また、皮脂がなくなったため、乾燥してしまうことで、角質の柔軟性が失われて、硬くなることで、毛穴を余計に詰まらせてしまう原因となってしまいます。にきびを予防するためのスキンケアでは、植物由来の成分を配合している石鹸などを利用すると余分な皮脂だけを取って、皮脂を取り過ぎないという効果があります。

紫外線もにきびを作る原因のひとつです。紫外線には皮脂を酸化させてしまう効果があります。皮脂が酸化することで、毛穴が塞がれ、角質が硬化して、にきびの原因となってしまうので、UVケアをしっかり行うことが大切です。にきびが気になる場合には、日ごろからのスキンケアを大切にすることがとても重要です。