にきびは、青春のシンボルとも表現される様に、思春期に集中して発生する皮膚の炎症性疾患です。この時期には成長ホルモンの分泌量が増加するので、皮脂腺の働きが活性化します。このために皮脂の分泌も増加するのですが、これが毛根に生息しているアクネ菌などの常在細菌の餌となります。増殖したアクネ菌が過酸化脂質を生産することにより、これが毛穴の中で炎症を引き起こす原因となります。

毛穴周辺が黍の実の様に赤く膨れ上がることが、にきびという名前の由来となっています。この成長ホルモンの増加が原因のにきびは、分泌量が安定化するに従い改善することになります。遅くとも20代の前半を迎える頃には、症状は安定していることが一般的です。これ以降に出来るものは大人にきびと呼ばれており、ホルモンバランスの崩れにより再び皮脂の分泌量が増加したことが原因です。

このために、この症状を予防するためには、ホルモンのバランスを安定化させることが必要となります。具体的には栄養バランスのとれた食生活と、適度な運動などによるストレスの解消です。ホルモンのバランスが崩れない限りは、皮脂の分泌量が急激に増加することはないので、原因細菌の増殖を抑制することが出来ます。そして、この上で毛穴周辺を清潔に保つということが、にきび予防の具体的な内容です。

また、皮膚のターンオーバーを促進する効果があるビタミンCの摂取なども、予防として効果を期待できます。ロダンANDフィールズのことならこちら