大人にきびの怖いところは、毎日しっかりとスキンケアをしていても、なかなか治らない、あるいはまたすぐに別のところにできてしまうことです。一度できてしまうと、慢性化しやすく、治りにくい。これは、生活環境が主な原因としてあるため、なかなか生活改善が難しいということも関係しています。たとえば、10代にできる思春期にきびを考えていくと、成長期に伴ってホルモンバランスが乱れやすくなることが原因として考えらます。

しかし、成長しきった大人の場合、ホルモンバランスが原因とは考えにくいです。それ以上に、食生活や日々の生活習慣に影響していることが多く、仕事のプレッシャーやストレス、人間関係などの精神的な加重が加わることでにきびができやすい体質になってしまうことが多くあります。では、予防していくためにはどうすればいいのでしょうか。まず、すぐにでもはじめられることは、規則正しい生活に変えていくことです。

早寝早起きを心がけたり、夜更かしを少なくするといったできる範囲のことから改善していくことで、肌の調子も変わっていきます。にきびケアというと、どうしても洗顔や化粧水といったものに頼りがちですが、残念ながらそれだけでは大人にきびに限っていえば、効果が期待できないことも考えられるのです。自己管理を意識することで健康維持にも役立ってきますので、何よりもお金が一切かかりません。心持しだいで改善できるため、おすすめの方法です。

ロダン+フィールズのことならこちら