にきび予防をしていくためにも、毎日のスキンケアには化粧水を上手に利用することです。化粧水は毎日のお肌のお手入れですが、何のために役立っているのかを理解しておきましょう。化粧水を使用するのは、水分補給でもあり、肌の乾燥を守るためでもあります。水分補給をすることで、肌は潤いが与えられます。

潤いで満ちた素肌は、柔軟な状態を維持することにもあります。肌の潤いが整うことで、肌のキメも整います。肌のキメが整うと、毛穴に関するトラブルは軽減します。つまり、にきびができるのも防ぐためにも役立つわけです。

逆にキメの粗い肌であると、毛穴のトラブルは起こりやすくなります。肌のキメが粗いというのは、にきびも肌にできやすい状態と言えます。ですから毎日のスキンケアでは、化粧水を使って肌を保湿して、肌細胞が整った状態をつくることが大切になります。化粧水で丁寧に保湿をすると、水分をたっぷりと与えられた素肌は、肌サイクルを順調にします。

肌のターンオーバーが乱れてしまうと、肌の上には古くなった角質が残ります。古い角質は積み重なり、毛穴を詰まらせることになります。放置をすれば、それは肌ににきびをつくることにもなります。ですから、肌のターンオーバーを正常にするためにも、化粧水で肌にたっぷりの水分を与えることが必要になります。

吹き出物予防だけではなく、透明感あふれる美しい素肌を作るためにも、とても重要な役割をしているのです。