給与の前払いシステムがもたらす利点とは

給与の前払いシステムは、本来の支給日前でも従業員が希望した時にいつでも給与が受け取れるという便利なシステムです。

支払方法を変えるだけで、企業にとっては社内融資制度のような福利厚生事業と似た効果が得られるため、従業員満足度の向上を目的として導入する例が増えています。といっても、このシステムは決して従業員の企業に対する借金ではありません。支給されるのは、すでに働いた分の対価のみとなります。従業員からの申請を受けた企業は、その時点ですでに支払いが確定している分を上限額として提示します。従業員は、その額の範囲内で希望する金額を請求する形になります。このシステムは、従業員の信用リスクを抑制するというメリットがあります。

たとえば従業員が急な出費などに充てるために消費者ローンを利用するとなると、返済に苦労したり、場合によっては破産者となったりするリスクが生じます。しかし前払いシステムがあれば、返済の心配なく資金を引き出せるので安心がもたらされます。従業員にとって歓迎すべき制度である以上、このシステムは人材の確保という点で企業側にもメリットをもたらします。冒頭に述べた「福利厚生事業と似た効果」とはこのことを指します。求人活動を行う際も「給与の前払いシステムあり」ということを謳えば、応募者の増加が期待できます。手許資金不足を補うために複数の仕事を掛け持ちするアルバイト社員も減って、離職率の低下にも貢献します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *