給与前払いシステム導入の注意点

さまざまなメリットが生まれる給与前払いシステムですが、導入する際にはいくつかの注意点を把握しておく必要があります。

給与前払いシステムを導入している企業によっては利用手数料が高くなってしまう場合があり、中には従業員が負担する手数料が前払い金額の6%になってしまうこともあるので、このシステムの導入が逆に従業員の負担になってしまう可能性も否定できません。特に完全な立て替え式でシステムを提供している企業は手数料が高くなる傾向があるため、前もって手数料の確認をしておくことが重要になってきます。給与前払いシステムは、これまでの従業員が働いた勤怠データに基づいて給与の前払いを行うため、正確な勤怠データをサービス会社に提供する必要がありますが、それにはサービス会社と企業との勤怠システムのスムーズな連携が必要不可欠になります。

スムーズな連携が図れる場合は問題ありませんが、それが難しい場合は企業側が勤怠システムのカスタマイズをしなければいけなくなってしまうので、システムの連携はスムーズにいくのか、もしスムーズな連携が図れない場合はどの程度のコストがかかってくるのかを予め確認しておくことが重要になってきます。給与前払いシステムは、福利厚生が充実して採用面でも有利になるなどのメリットがありますが、その反面高い手数料が利用する従業員の負担になってしまう可能性があるなどの注意点もあるので、導入する際はこれらの注意点を把握しておくことが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *