給与前払いシステムの仕組み

給与前払いシステムは、その仕組みによっては貸金業者と判断されることがあります。

そうなってしまうと貸金業法が適用され、登録が必要になるので注意です。ただし、まだこのことについて判断した明確な法律はないようです。給与前払い分のお金を企業がサービス会社に対してあらかじめ預けておくタイプの前払いシステムの場合、貸金業者と判断される可能性は低いです。貸金業者と判断される可能性があるのは、給与前払い分のお金をサービス会社が立て替えるタイプの前払いシステムです。立て替えるタイプの問題点の1つは、「お金を立て替えることは借金と同じ」と考えられるということです。サービス会社は手数料をとっていますが、この手数料が利息になるという意見もあります。

さらに、その手数料は年利に換算するとかなりの高金利となりますので、もしも借金と同じと判断されたら利息制限法に違反していると言われています。これらの問題点について明確に規制した法律はないものの、場合によっては貸金業法や利息制限法に違反するので注意が必要です。給与前払いシステムの仕組みは大変複雑と言われています。とはいっても、サービスを利用する側の企業や労働者にとっては、それほどのリスクはありません。サービス会社が違法だったからといって、サービスを利用していた側の企業などが捕まる心配は少ないです。ですが、サービス会社が倒産したり、摘発したりしたときに前払いのお金が支払われなくなるというリスクはあるので、しっかりと信頼できる会社を選ぶべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *