給与の前払いシステムで求人の人気を高める

製造業や接客サービス業など、慢性的な人手不足が続く業界にあっては、必要な人材を確保するためにさまざまな施策を行っています。

そうしたものの1つに、給与の前払いシステムがあります。わが国の労働ルールでは、給与は毎月払いすなわち1か月に1度、前回の計算日の翌日から今回の計算日までに働いた分をまとめて支給するのが原則になっています。しかし前払いシステムでは、労働者からの申し出があればこれよりも短いサイクルでの支給を可能にします。つまり、本来は月単位で支払われるべきものを、その支給日より前に週単位あるいは日単位で支払うわけです。この前払いシステムを導入しているかどうかは、求人情報の待遇欄などを見れば分かります。「週払い可」「日払い応相談」などと謳われているのがこれに該当します。

このような職場では、雇用契約そのものは3か月単位や6か月単位のアルバイトであっても、場合によっては期間の定めのない正社員であっても、給与を複数回に分けて受け取ることができます。前払いシステムは、ライフスタイルに合わせて家計をコントロールできるというメリットがあります。家賃の支払い、クレジットカードの引き落としなど、お金が必要になった時にいつでも給与を受け取れるのであれば、たとえ貯金額が十分でなくても安心して日々の生活を営むことができます。こうしたことから、このシステムを導入すると求人市場における人気が高まり、人材が確保しやすくなると言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *