給与の日払いシステムの導入するメリット

給与の日払いシステムは、会社のキャッシュフローを維持しながら日払いを実現することができる画期的なものです。

これまで多くの会社は給料は毎月決まった日に支給するものとなっており、これを前提にキャッシュフローを組み立てて運用してきました。そのため、1ヵ月の中で様々な資金を融通しながら最終的な給料日までに従業員に支払う資金を調達できれば良いと言うキャッシュフローとなっていたのが実態です。しかし近年では非正規労働者を積極的に雇用することで人件費やその他の付帯コストを削減し、効率的に経営をしようと言う風潮が強まっています。

そのため単発で人材を雇うことも多く、日払いに対応できなければ優秀な人材を雇用することができないと言う問題が発生しています。この状況に対応でき、かつ現在の企業のキャッシュフローを維持することができるのが日払いシステムです。主に金融機関が提供するサービスとなっており、一時的に給与の資金を肩代わりすることで対象の従業員に対して給与を支払い、本来の支給日に金融機関に返済する仕組みとなっているため、これまで通りの資金繰りを維持することができるのが大きなメリットとなります。

会社の資金繰りは様々な売上金の入金や銀行預金の利息等で賄っていることも多く、キャッシュフローが崩れると大きな資金トラブルとなることが少なくありません。日払いシステムを上手に利用することで、これらの資金トラブルを未然に防ぐことができ、合わせて日払い制度が実現できることで優秀な非正規労働者を積極的に雇用することができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *